• ホーム
  • 水虫は知らず知らずのうちにおしゃれな靴下の中に

水虫は知らず知らずのうちにおしゃれな靴下の中に

2019年11月09日
女性の脚

靴下専門のお店などもあり、おしゃれな商品は多数あります。でも見た目を重視して、素材は二の次になっていたりはしませんか。実は足にも汗腺はあり、毎日コップ1杯程度の汗を出しているのです。その汗を吸い取ってくれるような素材にしておかないと、人の体温もあり高温多湿空間がそこには出来てしまうこととなります。

中年男性の病気というイメージの強い水虫ですが、実際には女性達だって多く発症しているのです。その原因は靴下であり、むしろそれ以上に汗を吸い取る機能を持たないストッキングでいる方も多いでしょう。更には通気性の悪いパンプスやブーツなのですから水虫感染しても不思議ではないところです。ですが靴を、そして足をケアしてやることを習慣にすれば白癬菌と接触しても充分予防することは出来ます。

まずは対策として、足を出来るだけ乾燥状態に置くことです。靴下やストッキングでの対策が無理なら、中敷きでも抗菌仕様のものや汗を吸い取ってくれるようなものもあります。100円ショップなどでも手軽に購入出来るので、ある程度汚れてきたらさっさと取り替えればいいのです。

仕事用靴はこだわりがないという方もいますが、出来れば2足以上持つようにしてください。夜遅くに帰ってきて翌日にはすぐに履いて出るというなら乾燥させる暇などありません。一晩以上しっかりと乾かしてやり、菌の好まない状態の時間を保つようにしましょう。抗菌シートや抗菌スプレーを使ってケアしておくと更に効果的です。

自宅に帰ってきてすぐに足を洗うようにするのであれば、菌と触れてから24時間以内となり水虫の充分な対策となります。ただ洗うだけでなく乾燥させてやることです。寝るときにまた布団で温まりしかも乾いていないのであれば高温多湿環境が作られて感染を広げるだけです。冬場を中心に寝るときの冷え取りで靴下を履いて眠るという方もいますが、これも水虫対策を考えると良いとは言い切れないでしょう。せめて通気性が良いシルク素材にして、本当に寒い時期限定で夏は止めておいた方が良いでしょう。

もしも水虫になってかかとがガサガサになったら、足の指の間がぐじゅぐじゅだったらサンダルなど履きこなせずおしゃれが楽しめません。素敵な女子でいるためにも毎日家に帰ってからの対策が肝心、面倒でも靴も足もきちんとケアしてやるようにしましょう。靴下も、出来れば足の指1本1本を包んでくれる5本指がおすすめ、最近はおしゃれなデザインのものも多数あります。