• ホーム
  • ラミシールは水虫以外にカンジダにも効果があります

ラミシールは水虫以外にカンジダにも効果があります

2020年01月25日

水虫の治療薬として処方されるラミシールクリームはアリルアミン系の抗真菌薬で、アリルアミンは強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴としています。すなわち、効果が高くあらゆる真菌に効くということです。水虫を起こす白癬菌だけでなく、カンジダという真菌が感染することで生じるカンジダ症治療に使われることでも有名なのです。

カンジダは、白癬菌と違って健康な方でも常に体に存在している常在菌です。そういった菌は目に見えないものの様々あり、普段はバランスよく均衡を保っていてむしろ病原菌を防ぐ役割も果たしてくれることもあります。腸内など菌活で菌を増やすことを推奨されるほどです。でも、体調を崩してしまい免疫力が低下するとその均衡は崩れて菌が増殖し過ぎてしまうのです。その結果、体に悪影響を及ぼし始めてしまったら薬を使って増殖を抑えるしかありません。市販されているラミシールクリームを使ってもよいものの、出来れば病院にて処方してもらうのがよいというのは水虫と同様です。塗り方の注意点もありますし、似た様な症状を持ちながら違った病気の可能性もあるでしょう。白癬菌が関係していないのであれば、どんなに塗り方に気を配っていても効果はなく、むしろその病気が悪化して行く一方です。とはいえ、体調を崩すたびに悪化してしまうのですから万が一に備えて常備薬として持っておきたい薬として、傾向が分かり塗り方や注意点も理解した上であれば市販のラミシールを多めに購入して手元に置いておくようにすれば、毎回仕事を休んで病院に行く手間は防げます。

皮膚の角質のケラチンという成分を狙ってやってくる白癬菌と違い、カンジダという真菌は口腔内や陰部の膣内など粘膜のある場所にこそ多く存在しています。陰部に感染することから、性感染症としても有名な病気です。元々皮膚で存在していた常在菌ですが、一度増えてしまったものを元通りのバランスの良い状態まで持っていくのは困難なことで、薬を使わないとどんどん悪化していってしまうといった点でも水虫と似通っているのです。性感染症ゆえに不妊の原因となってしまうようなこともある恐ろしい病気です。陰部に感染したから恥ずかしいと放置せず、何らかの対処をするようにしましょう。常在菌としてある以上は、セックスだけが原因となるわけでもありません。それに皮膚や口の中などに症状が出ることもあり、日頃から身体の状態は観察しておき変化にいち早く気付きましょう。